プリンセスライン使用ガイド

ストレートパーマ  縮毛矯正

髪本来の美しさまで蘇るストレートパーマ液

  • ストレートパーマ
  • 縮毛矯正

-How to straight Perm-

  1. カウンセリング
  2. プレシャンプー
  3. 前処理
    前処理液(リセスイン)を、根本1cm離して毛先まで塗布します。(癖の強い部分は多めに塗布)
  4. 遠赤加温
    キャップをして約45~50度以内で10~20分遠赤加温。(健康毛・ハード毛等のかかり難い髪質は時間を少し長めに調整してください)
    *すでに痛んでいたり、カラーなどで薬液が入りやすい髪質には、遠赤加温が必要でない場合がありますのでご注意下さい。
  5. ライン1液塗布
    プリンセスライン1液を根本1cm離して毛先までしっかり塗布します。(癖が強い部分から塗布。部分的に痛みがひどい箇所には、1液を塗布する前にアクアプリンセスを塗布し保護します。)
  6. 加温
    遠赤を使用する場合は、約45~50度以内で20~30分加温。
    ダメージヘアーの場合は、約45~50度以内で15~20分加温、自然放置の場合は25~30分。個人差がありますので注意してください。
  7. 軟化チェック
    癖が強かった部分からチェックします。(軟化不足の場合は、再度1液を速やかに塗布。その際は再度、遠赤7~10分、45度で加温)
  8. ライン1液流し
    1液をシャンプー台で流し、水分をしっかり拭き取ります。洗髪後、髪質に応じて酸リンスをしてください。(1液が残っていると、2液の浸透がやや悪くなります)*酸リンスは判断にお任せします。

-How to curly hair correction-

  1. カウンセリング
  2. プレシャンプー
  3. 前処理
    前処理液(リセスイン)を、根本1cm離して毛先まで塗布します。
    (癖の強い部分は多めに塗布)
  4. 遠赤加温
    キャップをして約45~50度以内で10~20分遠赤加温。(健康毛・ハード毛等の
    かかりにくい髪質は時間を少し長めに調整してください)
    ※すでに傷んでいたり、カラー等で薬液が入りやすい髪質には、遠赤加温が必要で
    ない場合がありますのでご注意下さい。
  5. ライン1液塗布+アイロン
    プリンセスライン1液を根元1㎝離して毛先までしっかり塗布します(癖の強い部分から
    塗布)傷みがひどい毛先等には、1液は塗布せずアクアプリンセス原液を塗布し保護して
    から、根元・中間部に塗布した1液の余りを毛先に伸ばすようにしてアイロンを当ててください。
    ストレートアイロンに、アルミホイルを巻いたものを使用。(アイロン器具の保護が必要な場合)
    1>プリンセスラインを癖の強い所からスライス幅1㎝~1.5㎝取りながら塗布し、直接アイロンで
    加温します。(アイロン温度は80~130度の間で行い、80度から始めてください)
    2>軟化チェックは、コームに毛束5本程度を巻き付けて、カールの形がしっかり出来ていれば
    良いです。軟化が不十分であれば、再度アイロン加温を行ってください。
    3>乾燥を防ぐため、リセスインを霧吹きしながらアイロン加温を全体に行う。
  6. ライン1液 流し
    1液をシャンプー台で流し、水分をしっかり拭き取ります。
    洗髪後、髪質に応じて酸リンスを行って下さい。(1液が残っていると、2液の浸透がやや悪くなります)
    *酸リンスは施術者の判断にお任せします。
  7. ブロー
    ダメージ毛には保護の為、アクアプリンセス(100㏄に2g~3gまたは原液)を霧吹きし塗布します。
    ドライヤーで全体をしっかり乾かし、癖を残さないように伸ばします。
  8. アイロン
    ストレートアイロンで160~180度で全体を整えます。
  9. 共通2液塗布
    しっかりと多めに塗布します。2液塗布後、自然放置5分~10分。
  10. 共通2液流し
    2液をシャンプー台で流します。流した後、酸リンスをなじませてから再度洗い流します。
  11. 仕上げ
    アクアプリンセス(軟水100㏄に2g~3gまたは原液)を塗布し、ドライヤーでしっかり乾かします。
    ストレートアイロンで全体を160度~180度で整え(又はアイロン以外の各店での技術方法でも構いません)
    デザインに合わせて仕上げを行います。※酸性水・酸リンス=軟水500㏄にクエン酸2g~3g入れたもの。
    ◎基本的な作業フローですので、お客様の髪の状態により技術方法は多少異なります。各店の技術方法を応用ください。
    ◎1液を利用した方は、必ず手・指の間をよく洗い流してください。
    酸性水で洗うと良く落ちます。
    *酸リンスの有無は施術者の判断にお任せしております。

    ※髪本来の状態を保つために、安全な成分のみ使用しているので、手触りを良くする成分を配合しておりません。
    手触りを良くしたい場合、アクアプリンセスをご利用下さい。